リハビリ科

当院リハビリテーション科では、傷害を受けた身体や運動機能を、運動療法や運動療法を用いて最大限にまで回復させることを目的とした診療科で、理学療法と物理療法があります。

当院では牽引やマッサージ、温熱療法などの物理療法に加えて、痛みなどの身体の不具合に対して、リハビリ専門のセラピスト(理学療法士)がリハビリテーションを行います。効率的に身体機能低下の予防や回復・向上を図り、早期に社会復帰できるようにご支援をさせて頂きます。

理学療法

理学療法写真

理学療法士が患者様の状態を個別に評価し、必要なリハビリ(理学療法)を行います。日常生活での姿勢や動作、スポーツ動作などにより生じる問題(痛みやパフォーマンス低下)の改善にも関わります。

物理療法

物理療法写真

痛みや痺れなどに対して、様々な機器を用いて、痛みの除去などの疼痛緩和や機能回復を図ります。

リハビリ設備

  • 牽引装置
  • 牽引装置
    頸の痛みや腰の痛み、また頚部や腰部の神経の圧迫症状として、手足のしびれがある場合に行います。せぼね(脊椎)の痛みを起こす場所(椎間関節や椎間孔など)へのストレスを軽減させる効果があります。
  • キセノン光治療器
  • キセノン光治療器
    深部熱(体の奥、筋肉や靱帯などに直接作用できる種類の熱です)により、痛みの改善や、組織の治癒促進、循環の改善を目的に行います。
  • 干渉低周波治療器
  • 干渉低周波治療器
    痛みの疼痛閾値の改善(痛みを感じる度合いを変化させて軽減します)や筋収縮(筋肉の働き)を促すことによって、筋力を改善させることなどを目的に行います。